こぼれ話 

こぼれ話トップへ

◆ No 1  メルマガより転載(2003/2/18、22転載)

 

マウス ハードディスクの整理
初心者の中身 台風情報から
日記…「悲しい笑い」について 手書きとPC入力

 

マウス

(2002年8月12日号メルマガより転載)

マウス。MOUS試験のことではありません。(笑)
正真正銘のマウスのことです。みなさんは、今どんなマウスを使っていますか。もう何代目ですか。

マウスは消耗品です。私ももういくつも取り替えました。今マウスは、PS/2、USB、光学式、スクロールボタン付き、無線ものなど実に多様なものが発売されています。年々進歩していて新しい機能が追加されている感じです。でも何故か壊れやすく、私も幾つも交換しました。
あまりにも壊れやすいので、本家のマイクロソフトのインテリマウスも使ったことがあります。これは結構長く使いましたが結局壊れました。何度か机の上から落としてしまったのです。今自宅で使っているものは、PCショップなら何処でも売っているありふれた光学式のマウスです。

さて、こんなに壊れやすいマウスの中で長く使っているものもあります。それは仕事で使っている古典的なPS/2のマウスです。これがなかなか壊れません。ボール式ですが数年使っていても壊れる様子がありません。ボール式はとかく動きが悪くなりやすいのですが、これは適当にごみ掃除さえしておけばスムーズに動きます。実はこれ、自分で買って持ち込んだものなのです。
周りのマウスが動きが悪く、良く取り替えているのに比べ、実に超寿命です。驚いています。メーカーは、ビクターです。え!と思われる方もいるかもしれませんが、ビクターでもPC用品を作っています。たまたまいい製品に当たったともいえます。今私のお気に入りの一つです。
皆さんにもPCの付属品で、お気に入りのものはありますか?

(2003/2/22転載)

先頭へ戻る

 

 

 

ハードディスクの整理

(2002年8月5日号メルマガより転載)

皆さんは、ハードディスクの中の整理をされていますか?
と言うKENZO30のHDの中はもはや迷路状態です。大まかには整理できているのですが、これを整理するとなると数時間いや一日がかりで腰を据えてやるしかありません。とてもそんな時間を費やすことは…
と思えば思うほど後回しになって、迷路状態は益々迷路になっています。(笑)

皆さんもこうならないうちに、しっかり手を打ちましょう。
(そんなお前に言われたくないという声が聞こえてきますが、これをきっかけにと言うことで…笑)
やはり、日常的に分類してフォルダーを作り、保存する。これを心がけるしかありません。ここで問題なのが分類作業です。分類は、PCを何に使っているかによりますが、分類前に一度メモ帳か紙の上で分類方法を表現してみることをおすすめします。思いつきでやっていると同じカテゴリのものが沢山できたりします。(KENZO30の迷路はこれが原因です)
ここに気をつけながら、分類作業をしてみてください。KENZO30は、反面教師です。

(2003/2/22転載)

先頭へ戻る

 

 

 

初心者の中身

(2002年7月22日号メルマガより転載)

最近、このメルマガ読者の皆さんは、PCの操作に慣れた、PCスキルの高い方々が多いということに気がつきました。はじめ想像していたのは、本当の意味の初心者でしたが、よく考えてみるとメルマガを購読する人に初心者はいないと思うようになりました。
と言うのも日常、私の周りにいる初心者で何らかのメルマガを購読している人は誰もいないのです。
また、KENZO30への訪問者も初心者の方は少ないのではと思っています。私の周りでは、日常的にネットサーフィンをやっている人も同じように少く、ネット上で何かを捜したり、検索することすら知らず、Googleの存在さえ知らないのです。インターネットは、とりあえずメールだけと言う人が実に多いのです。この現象は私の周りだけの特殊なものではなく、きっと日本全体がそうだと思います。(悲)
こういう意味から、メルマガ読者の皆さん、訪問者の皆さんは、PC操作の熟練度はかなり高い方々だと思うようになりました。

このことに最近気が付き、KENZO30のHPの内容は果たしてこれで良いのか?メルマガもこれで良いのか?と少し悩んでしまいました。
しかしながら…KENZO30にこれ以上のことをやる能力はなく、いろいろ考えたり悩んだりしたものの、結局このままです。(笑)

(2003/2/18転載)

先頭へ戻る

 

 

 

台風情報から

(2002年7月15日号メルマガより)

また今年も台風の季節がやってきました。
KENZO30が育ったところは、四国なので、子供の頃より台風に親しんでいて?台風についてちょっとうるさいのです。昨年の台風11号を覚えているでしょうか。あのノロノロ台風です。あの後、ネットの台風情報について、気まぐれ随想で「台風情報から」と題し文句を書きました。これはその続きです。
今年は早くも6号がやってきて、各地に被害をもたらしたことを契機に、今年もまたネットの台風情報をチェックしてみました。

まず、昨年指摘した表示スピードですが、かなり改善されていました。昨年は永久に開かないのではと思われたページが、今年は作り方も変えていて想像以上に早く表示されるようになっていました。きっと苦情が寄せられた結果ではないでしょうか。
問題は中身です。これが何処のページもイマイチなのです。まず予想進路を示した図です。あまりにも広域的な表示になり過ぎています。台風の位置がはっきりしないのです。
台風の進路にあたっている人は、今現在何処にあって、これから何処へ進むのかを知りたいはずですが、あの程度の解説図では理解できません。また、単にヘクトパスカルや風の強さを載せているだけで、今現在どういう被害が出ているのか、これから予想される被害などについては何の説明も解説もありません。文章できっちり説明してほしいものです。詳しくは書くのは大変なのでしょうが、単に図と位置を示しただけの台風情報ではあまり意味がないように思います。

台風の進路にあたる人にとっては、より詳しい情報が必要なのです。今の台風情報は、進路と関係ない地域の人が、概要を把握するためのものであって、進路上に住んでいる人から見ると、情報が不足しており、腹立たしいものに思えるのではないでしょうか。

(2003/2/18転載)

先頭へ戻る

 

 

 

日記…「悲しい笑い」について

(2002年7月8日号メルマガより)

7月6日(土)より日記を始めました。
他にたくさん更新するところがあるので設置にあたっては一週間ほど悩みました。またまた負担が大きくなると…(笑)
心の中で何度か「設置する、設置しない、する、しない…」と自問自答してみました。しかし、一度頭の中に浮かんだことはやってしまう悪い癖なのです。

きっかけは、CGI設置ガイドサイト「我楽多cgi@nifty」さんで何かないかと物色していて気に入ってしまったことからです。この日記は、画像やいろいろなファイル(音楽など)も添付でき、閲覧者に提
供できる優れものです。機能についてすべてを理解できているわけではないのですが想像以上に高機能です。HP上からメンテナンスや設定変更もできます。そのうちデジカメで撮った写真なども添付するかもしれません。
(おいおい、お前のサイトは何のサイトだ!…という声あり)
まあ、ほどほどにしないと本当に何のサイトだかわからなくなるのでわきまえなくては…

日記の名前「悲しい笑い」は、内容とは無関係なものです。強いて言えば人生は、「悲しい笑い」なのかもしれない…なんちゃって。ほんの思いつきの名前です。

それにしてもCGIでいろいろなことができるので驚いています。訪問の際には一度覗いてみて下さい。右側のサブメニュ内にあります。日記の更新はほぼ毎日の予定ですが、更新情報には載せません。また、あまり負担になるようですと途中で止めるかもしれません。

(2003/2/18転載)

先頭へ戻る

 

 

 

手書きとPC入力

(2002年7月1日号メルマガより)

最近、手元にパソコンがなくて手書きで文章を書く機会がありました。
久しぶりに鉛筆を持ちました。ところが…スラスラと名文が浮かんで筆が運ぶ予定でしたが、頭の中が真っ白なのです。人前で緊張して何もしゃべれなくなった時のような感じなのです。真っ白い紙の前で緊張してしまい何も浮かんできません。あれ、どうして?自分自身に問いかけて見るのですが、ほとんど思考力が止まってしまうのです。(笑)
しばらくしてやっと出てきた言葉を書いてみました。これまた変です。漢字を忘れていて文章が繋がりません。いったいどういうことでしょう。(涙)

皆さんは、こんな経験をしたことありませんか?
これは最近私が経験したことです。その昔、ワープロ専用機を使い始めた頃は、一度手書きで紙に下書きをして、それからでないと入力できませんでした。それだけキーボードに慣れていなかったのです。それがどうでしょう。今やPCのキーボードを打たないと文章も浮かばないし、漢字も書けなくなっているのです。
キーボード操作に慣れたと言えばそれまでですが、漢字を忘れるのは困ったものです。
(元々大して知らない…という声あり)
何しろPCでは、変換時に選択すれば入力できるのですから、書くことから見れば実に簡単なのです。ただこれでは脳みそがどんどん退化して行くのではと思えます。
(すでに退化している…という声あり)

やはりここはボケ防止のために、時には手書きをしてみる必要があると思います。みなさん時には鉛筆を持って、文書を書いてみましょう。
(ボケ気味なのはお前だけだ…勝手にやれ…と言う声あり)

(2003/2/18転載)

   先頭へ戻る   


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています