Excel殺人事件

ミステリーのトップへ

(3) 行の非表示

翌日、佐々木は、完全に二日酔いであった。朝から黙ったまま自席で、昨日整理したファイルの中身を調べるのだが、 頭の中は一向にさえない。ふと犬山を見ると状況は、全く同じで、下を向いたまま黙っている。書類は開いているが、手はほとんど動いていない。
午前中、鑑識から、何か報告があるかと思ったが何もない。 もうそろそろお昼だと言う時に、佐々木の前の電話が鳴った。
 「はい、刑事課です。」

 「交通課の宮園と申しますが、佐々木さんを願いします。」
驚いたことに美紀であった。佐々木は慌てて対応した。
何しろ目当ての美紀からである。内容は、事件のことで気になることがあるので、昼休みに会えないかと言うものであった。 場所は、南署裏の「モモ」と言う喫茶店である。この美紀からの誘いで、佐々木の二日酔いは、一気にさめた。
心躍らせながら「モモ」へ向かった。

 

 「モモ」に行くと、すでに美紀は来ていた。
「やー、お待たせ、いや、まさか美紀ちゃんから電話をもらうとは、どうしたの。」
「佐々木さんね、昨日、早速メールを出したけど見てないで しょ。」
「あ、メールくれたんだ。いや、昨日は、飲んじゃってね、 遅くなって。パソコンには全く触っていないんだ。ゴメン、 ゴメン。」
「まあ、いいわ、罰としてお昼おごってね。」
「美紀ちゃんならいつでもおごるよ。何でも食べてよ。」
 結構ちゃかりしていると思いながら、佐々木刑事は嬉しくなったが、結局、二人とも一番早くできるランチメニューを注文した。
 食事をしながら美紀が言った。
「昨日の件で何か解ったの。」
「あれから鑑識へ、フロッピーを出したんだけど、まだ何も言ってこないんだ。」
「では、何もまだ解っていないのね。メールにも書いたけど、実は私し、あの時フロッピーを、コピーしておいたのよ。ち ょっと興味が湧いたから。いけなかったかしら、ごめんなさ い。」
「えー、ほんと。驚いたな。うーん、弱ったな、まーいくらコピーしても元のものを壊すわけじゃーないし、黙っていればいいか。」
 「ほんとにごめんなさい。」
 「ただし、マスコミには、絶対渡さないようにね。二人だけの秘密だよ。」
 
佐々木は、上司の許可もなくコピーをしたことはいけないが、 これで美紀ちゃんとより親密になれると、心の中でひそかな喜びを味わった。
 「それで、調べて何か解ったの。」
 「そうなの、あの予告文の下の行が非表示になっていて、そこにまだ書いてあったのよ。今見せるはね。」 と言いつつ美紀は、モバイルのパソコンを出した。
 「え、モバイルも持っているんだ。へー。」
「ええ、これは便利よ。ここなのよ、このExcelの行の部分が非表示なのよ。行番号が一つ飛んでいるでしょ。251行目がないでしょ。」
「あっ、本当だ、ここは見られるの。」
「ええ、特にパスワードで保護もされていないし、こうすれば表示できるのよ。」
 美紀は、さっさと操作しながら行を表示させた。そこには、 「これは警察に対する俺の挑戦だ。恨みを晴らしてやる。」 と書かれていた。
 「うーん、驚いたな。」 と言ったまま佐々木は、しばらく黙り込んだ。
 「もう、他には、何もないの。」
 「ええ、このファイルは、シートが標準のままの3枚なのね。 これは、シート1だからシート2も3も調べたけど、他には非表示部分も無いし、たぶんこれだけだと思うわ。」
 「そう、イヤーどうもありがとう。警察に対する恨みと言う ことだから少し進展だよ。ありがとう。」
 このあと佐々木は、先輩の犬山から事件の解決のために、Excelの勉強をするように言われていることを告げ、美紀に解らないところを教えてほしいと頼んだ。すると美紀は、
 「ええ、いいわ。まずマニュアルを読んでみて、解らないところを聞いてください。ただし、この事件に興味があるから 捜査状況を教えてね。」 と言って舌を出した。
 佐々木刑事は、一瞬、事件の捜査状況は、刑事課以外の人に は教えられないと思ったが、Excelをこれから教えてもらうには、事件の話もしないわけに行かないから、やむをえないと思った。
 「美紀ちゃんは、刑事課の人間じゃないから100%教えられないけれど、署員には間違いないから大体のことは、話できると思うけれど。」
「私、ミステリーファンだから、なんだかわくわくするわ。」 と言いながら美紀の目は輝いた。
 佐々木は、これは小説と違うんだ。現実の事件なんだと言いたかったが、弾んでいる美紀を見ると何も言えなかった。 「モモ」を出るとき、美紀はコピーしたフロッピーを佐々木に渡しながら言った。
 「これは、佐々木さんにお渡しします。ただし、私のパソコンのハードディスクにも入っているから了解してね。」
 「え、ハードに。そうか、いくらでもコピーできるんだものね。でも、他人には絶対秘密だよ。」
 佐々木は、やれやれと言う思いもあったが、これで美紀と二人だけの、いくつもの秘密ができたようで、すっかり上機嫌になった。ライバルの脇田や大塚の顔が浮かび、心の中で万歳をしていた。

(3)行の非表示 終わり

    先頭へ戻る    


KENZO30  内容の無断転載は、禁止しています