Diary 2007. 2
メニューに戻る
2月27日 (火)  梅も終わりか

25日の日曜日、本来なら写真撮影に出掛けるところなのだが、雑用に追われ近所の公園へ。
18日には、梅にメジロが付いていたので期待したが早くも梅は終わりに近く、メジロなど1羽もいない。仕方なく梅の花の写真を撮る。。

左:メジロ(18日撮影のもの)
中央、右:梅

写真はクリックで拡大

20070227-1.jpg 20070227-2.jpg 20070227-3.jpg



2月19日 (月)  メジロ

近所の公園の梅が満開(18日)。
梅の花にメジロが付いていた。動き回るのでファインダーに捉えるのは難しい。それに天気が曇り空でどの方向から撮っても逆光になってしまう。

写真はクリックで拡大

20070219-1.jpg 20070219-2.jpg 20070219-3.jpg



2月17日 (土)  梅ばかり

梅ばかりだが。。

左、中央:ウメ

右:ヒヨドリ

20070217-1.jpg 20070217-2.jpg 20070217-3.jpg



2月11日 (日)  被写体

私が撮る対象物は、ほとんど花鳥といった自然である。人工物はあまり撮らないが、街のスナップなどは面白そうである。ただ、中に人が写ると肖像権などの問題があるので撮りにくい。。
しばらくは自然である。

写真は昨日のもの。場所は神代植物公園。

左、中央:フクジュソウ

右:クリスマスローズ

写真はクリックで拡大

20070211-1.jpg 20070211-2.jpg 20070211-3.jpg



2月10日 (土)  一眼レフ

デジタル一眼レフが昨年あたりから売れているらしい。これまで大きさや価格面で手を出せなかった人がコンパクト化と低価格化で買うようになったと言われている。私も欲しいと思いつつ望遠の一眼レフタイプのFZ50を使っている。買わない理由はレンズを含めると高価なこと(貧乏なので^^;)と撮影素子に付くゴミ問題にある。
デジタル一眼レフの最大の弱点は、ゴミ問題なのだ。レンズを交換する時、撮影素子にゴミが付着しこれが写真に写るのである。友人が一眼レフを使っているが、このゴミに結構悩まされている。各社が最近発売したモデルは、ゴミ対策が施されているとは言え、未だ充分ではない。
とうことで、もう少し様子を見ようという気になってしまうのである。また、一眼レフのシステムが本当にカメラの理想なのか?と言う疑念もある。本来一眼レフカメラは、フイルムカメラで完成されたシステムであり、デジタルでは別の道があってもいいのではと考えたりしているのである。。

写真は一週間ほど前のもの。

左:紅梅

中央:白梅

右:ロウバイ

写真はクリックで拡大

20070210-1.jpg 20070210-2.jpg 20070210-3.jpg



2月1日 (木)  昨日の写真から

昨日、時間がとれたので神代植物公園へちょっと行ってみた。朝日新聞の多摩版に温室のキンカチャが咲いたと紹介されていたからである。
キンカチャとは簡単に言えば中国原産の黄色のツバキ。ちょっとワクワク気分であったが、温室にあったのは1本だけ。やや花も終わりかけていた。

左:キンカチャ

中央:ロウバイ

右:ハクバイ

写真はクリックで拡大

20070201-1.jpg 20070201-2.jpg 20070201-3.jpg



2007/2
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

前月     翌月