Diary 2006. 12
メニューに戻る
12月9日 (土)  落葉

紅葉のあと葉は落ちる。

左は、イチョウの単なる落葉(笑)。美しくもないが、ただの落葉なのがいいかもしれない。
中央は、滝を地面から見上げたもの。ちょっと中途半端か。
右は、モミジの落葉。コケの上に落ちていて、ちょっと京都風。かなり気に入っている。

機材:FZ50

画像はクリックで拡大

20061209-1.jpg 20061209-2.jpg 20061209-3.jpg



12月6日 (水)  今年の紅葉(2)

紅葉の撮り方もいろいろある。紅葉の名所で撮っているわけではないので、広角にすると余計なものが入る。どうしてもアップ気味になる。

左:モミジ
中央:イチョウ
右:トウカエデ

機材:FZ50+クローズアップレンズ

写真はクリックで拡大

20061206-1.jpg 20061206-2.jpg 20061206-3.jpg



12月5日 (火)  今年の紅葉(1)

週一更新の予定が、かなり多めに更新している(笑)エクセル側の更新をしろとの声も聞こえてくるが、まあこればかりは…^^

今年は紅葉が遅い。それに葉が痛んでいるものが多い。マクロで撮ろうとするがちょっと引いてしまう。今日と明日で良さそうなものをアップする。撮影場所、日時はバラバラである。

機材:FZ50
写真右:FZ50+クローズアップレンズ

写真はクリックで拡大

20061205-1.jpg 20061205-2.jpg 20061205-3.jpg



12月3日 (日)  続き

左の写真は、茅葺の民家の裏庭に置いてあったカボチャである。古民家としてはちょっと違和感があった。この時代にこんなに大きなものはなかったのでは?
中央は、その民家の束石から悪戯で撮ってみたもの。先の見え方も考えるべきだったと反省。
右は、園内にある人工の滝。人工とは言え結構迫力があった。SSを落とし、水を糸のように表現してみた。三脚を使うかどうか思案したが、結局手持ち。人工なのでイマイチ気合が入らなかった。。

機材:FZ50

20061203-1.jpg 20061203-2.jpg 20061203-3.jpg



12月2日 (土)  郷土の森博物館

昨日は久々に休暇。勇んで府中の郷土の森へ行った。
古民家などが移築されていて面白いところである。休日は混雑するようだが、平日のため寂しいくらい人が少ない。

古い建物を撮るのだが、どうも構図がわからない。適当に撮ってみた。

左は明治21年築の島田家。中央は、大正10年築の府中町役場。右は明治初年に開設された郵便取扱所である。郵便ポストが面白い。

機材:FZ50

20061202-1.jpg 20061202-2.jpg 20061202-3.jpg



12月1日 (金)  プラチナギャラリー

panasonicのカメラを使っているので、写真をLUMIX CLUB PHOTO のアルバムに置いている。
それが、album2と3である。ここは、原画をアップすると、スライドショウなどができるので非常に便利だ。
ここに写真を置く理由は、他にもある。実はここに写真を置くと、定期的に巡回してよい写真を取上げ、プラチナギャラリーとして紹介してくれるのだ。つまり、簡単なフォトコンテストのようなことをしてくれるのである。

私の写真は、昨年からこれまで2回取上げてもらった。それがこの写真である。
左側の写真は、セミのシルエットが夏休みの終わりを感じさせる…のような感じで紹介されていた。
右側のバラは、妖艶さと健康的な気品、不思議な魅力を感じされる作品です。と紹介された。
ヽ(^o^)丿

撮影機材
左:FZ30   右:FZ50+ソフトフィルター

20061201-1.jpg 20061201-3.jpg



| 1 | 2 |
2006/12
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月