2月10日 (土)  一眼レフ

デジタル一眼レフが昨年あたりから売れているらしい。これまで大きさや価格面で手を出せなかった人がコンパクト化と低価格化で買うようになったと言われている。私も欲しいと思いつつ望遠の一眼レフタイプのFZ50を使っている。買わない理由はレンズを含めると高価なこと(貧乏なので^^;)と撮影素子に付くゴミ問題にある。
デジタル一眼レフの最大の弱点は、ゴミ問題なのだ。レンズを交換する時、撮影素子にゴミが付着しこれが写真に写るのである。友人が一眼レフを使っているが、このゴミに結構悩まされている。各社が最近発売したモデルは、ゴミ対策が施されているとは言え、未だ充分ではない。
とうことで、もう少し様子を見ようという気になってしまうのである。また、一眼レフのシステムが本当にカメラの理想なのか?と言う疑念もある。本来一眼レフカメラは、フイルムカメラで完成されたシステムであり、デジタルでは別の道があってもいいのではと考えたりしているのである。。

写真は一週間ほど前のもの。

左:紅梅

中央:白梅

右:ロウバイ

写真はクリックで拡大

20070210-1.jpg 20070210-2.jpg 20070210-3.jpg