12月17日 (日)  天気が悪く

天気さえよければ野鳥を撮りに出かける予定だったが、暗い曇り空のため中止。野鳥を撮るには、カメラを上方に向けるので曇り空では、背景が白トビしやすいのだ。それと光が一定方向でないので、どの方向から撮っても逆光のようになり、被写体が黒く写りやすい。
曇り空の日は、カメラを水平より下に向けられるものの方がいい。横や下向きに花等を撮るにはいいだろう。変な陰影もできないので。

夕刻、大分空が青みを帯びてきたので、カメラを手に外に出てみた。ヒヨドリなどがいたが、夕刻ではSSが稼げず全部ブレてしまった。仕方なく樹を写してみた。

ハナミズキのシルエット(逆光で)

機材:FZ50

写真はクリックで拡大

20061217-1.jpg