Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30


エクセル中級 19

中級・特別編トップへ

エクセル学習室 HOME

   中 級 19

Excelの基礎

  日付/時刻関数(YEAR、MONTH、DAY関数)
  日付/時刻関数(EDATE、EOMONTH関数)

 

 

日付/時刻関数(YEAR、MONTH、DAY関数)

YEAR、MONTH、DAY関数


YEAR関数は、日付(シリアル値)から年を返す関数です。
求められる年は、1900(年)〜9999(年)です。MONTH関数は、同じく日付(シリアル値)から月を返す関数で、求められる月は、1(月)〜12(月)です。また、DAY関数は、日付(シリアル値)から日を返す関数で、1(日)〜31(日)が求められます。

書式で表すと、YEAR(シリアル値)MONTH(シリアル値)DAY(シリアル値)となります。
引数はシリアル値となっていますが、当然日付の表示形式で指定することができます。セル参照ではなく直接日付を引数で使う場合は、半角のダブル クォーテーション (") で囲み( "2003/01/30" など)、指定します。

 

使用例 1


左図は、いろいろな表示形式の日付から、年、月、日をそれぞれ求めたものです。4行目の式は
年は「=YEAR(B4)
月は「=MONTH(B4)
日は「=DAY(B4)
です。

例はすべてセル参照ですが、直接日付を指定する場合は、「=YEAR("2003/4/15")」のように引数を半角のダブル クォーテーション (") で囲みます。

 

使用例 2

YEAR、MONTH、DAY関数と前ページで解説したTODAY関数を使い「=YEAR(TODAY())」、
「=MONTH(TODAY())」、「=DAY(TODAY())」とすると、常に今日の日付から年、月、日をそれぞれ求めることができます。


これに、条件付き書式を組み合わせると少し面白いことができます。
左図は、カレンダーのように日を配置し、条件付き書式で今日の日付と同じであれば、背景色を変えるようにしたものです。

各セルに条件付き書式で「セルの値が」、「次の値に等しい」で「=DAY(TODAY())」とし、書式で背景色の設定をします。そうすると、この例のように毎日、自動的に日付の背景が変わり、今日の日付の確認ができるようになります。

この仕掛けを使って作ったカレンダーを作品紹介コーナーへ「K30 Clendar」として置いてあります。参考にどうぞ。

 

先頭へ戻る

 

 

日付/時刻関数(EDATE、EOMONTH関数)

EDATE関数

EDATE関数は、指定した日付から、指定した月数後(あるいは前)の日付シリアル値)を求める関数です。使い方は簡単です。
なお、EDATE関数は標準搭載されていませんので、ツール(T)のアドイン(I)から分析ツールを追加する必要があります。

書式で表すと、EDATE(開始日,月)となります。
引数の開始日は、日付文字列やシリアル値で指定します。は整数で指定します。正の数で指定すると月数後の日付(シリアル値)が求められ、負の数で指定すると月数前の日付(シリアル値)を求めることができます。

 

使用例


左図はセル参照で求めた例です。
B4(2004/1/31)の1ヶ月後は、2004/2/29になっています。2004年は閏年のため2月の末日が29日となるためです。

(画像:Win XP&Excel2000)

また、B5(2004/3/31)の3ヵ月後の6月は、30日が末日のため2004/6/30が求められています。C6(-2)の負の数で指定したものは、月数前の日付が求められています。
なお、戻り値は、表示形式が標準のままではシリアル値になりますので、ここでは書式設定をすべて日付の表示形式に設定しています。

 

 

EOMONTH関数

EOMONTH関数はEDATE関数に似ています。EDATE関数は、指定した月数後(前)の日付(シリアル値)を求めますが、EOMONTH関数は、指定した日付から、指定した月数後(あるいは前)の月の末日(シリアル値)を求める関数です。
なお、EOMONTH関数もツール(T)のアドイン(I)から分析ツールを追加する必要があります。

書式で表すと、EOMONTH(開始日,月)となります。
引数は、EDATE関数と同じです。開始日は、日付文字列やシリアル値で指定します。月は整数で、正の数あるいは負の数で指定します。

 

使用例


左図はセル参照で求めた例です。
それぞれ指定月数後の末日が求められています。EOMONTH関数では、開始日が月初めでも月末でも、必ず月の末日が求められます。

(画像:Win XP&Excel2000)

C6(-2)の負の数で指定したものは、月数前の月の末日が求められています。
なお、戻り値は、EDATE関数の例と同じく、書式設定はすべて日付の表示形式に設定しています。

 

   先頭へ戻る   

 

中級・特別編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています