Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30


エクセル中級 18

中級・特別編トップへ

エクセル学習室 HOME

   中 級 18

Excelの基礎

  日付/時刻関数(HOUR、MINUTE、SECOND関数) 
  日付/時刻関数(TODAY、NOW関数)     

 

 

日付/時刻関数(HOUR、MINUTE、SECOND関数)

HOUR、MINUTE関数


HOUR関数は、シリアル値時刻形式の文字列から「」を返す関数です。
求められる「時」は、0(午前零時)〜23(午後11時)の範囲です。MINUTE関数は、同じようにシリアル値時刻形式の文字列から「」を返す関数で、求められる「分」は、0〜59(分)です。

 

書式で表すと、HOUR(シリアル値)MINUTE(シリアル値)となります。
この書式はヘルプに書いてあるものですが、引数がシリアル値だけでは誤解を生みます。前述したように時刻を表す文字列(15:30:15や9:50 AMなど)を指定することができます。ただし、時刻文字列を直接引数として指定する場合は、半角のダブル クォーテーション 「"」で囲む必要があります。
なお、セル参照の場合は、そのまま参照することができます。

 

使用例 1


左図は、種々の引数からHOUR関数で「」を、MINUTE関数で「」求めた例です。
引数による違いを確認してください。

(青枠内がMINUTE関数の例)

「9:50 AM」の入力は、9:50とAMの間を半角スペースを設けます。

 

使用例 2


左図は、HOUR関数とMINUTE関数で勤務時間を計算した表です。
図のとおり関数の引数で直接計算式を入力しています。
F5セルのMINUTE関数の式もMINUTE(D5-C5)となっていて計算式を入力しています。

勤務時間などは、番外1で解説したように「ユーザー定義」にして[h]:mm」の表示形式で求めることができますが、このように関数で求めることもできます。ただし、夜中の零時を超える特殊な勤務時間の計算にはこのままでは使えません。注意してください。

 

 

SECOND関数

SECOND関数は、シリアル値時刻形式の文字列から「」を返す関数です。求められる「秒」は、0〜59(秒)です。

書式で表すと、SECOND(シリアル値)となります。
HOUR、MINUTE関数と同じく時刻を表す文字列(15:30:15や9:50:15 AMなど)を指定することができます。時刻文字列を直接引数として指定する場合は、半角のダブル クォーテーション 「"」で囲む必要があります。
なお、セル参照の場合は、そのまま参照することができます。

 

使用例


SECOND関数でも左図のように、引数へ直接計算式を入れることができます。

※SECOND関数もHOUR、MINUTE関数と取り扱い方は同じです。

先頭へ戻る

 

 

日付/時刻関数(TODAY、NOW関数)

TODAY、NOW関数

TODAY、NOW関数ともにパソコン内部の時計から現在の日付や時刻を返す関数です。TODAY関数は、現在の日付シリアル値)を返し、NOW関数は、現在の日付と時刻シリアル値)を返す関数です。ただし、表示形式を「標準」のまま使用すると、TODAY関数では、自動的に「日付」の「1997/3/4」の表示形式が適用され、NOW関数では、「日付」の「1997/3/4 13:30」の表示形式が適用されます。

書式で表すと、TODAY()NOW()となります。
えっ、と驚かれるでしょうが、二つの関数とも引数は必要ありません。「()」だけ必要です。二つの関数とも「関数の貼り付けダイアログボックス」へ用意されていますが、入力したいセルへそのまま「=TODAY()」や「=NOW()」と入力すればOKです。

 

使用例


左図は、二つの関数の違いを比較したものです。TODAY関数は日付、NOW関数は、日付と時刻が返されています。

通常は、このようにシリアル値ではなくそのまま自動的に日付の表示形式が適用されます。シリアル値を確認するには、表示形式を標準に戻します。なお、NOW関数の場合、表示形式を「1997/3/4」にすると日付だけの表示になります。
この二つの関数で返された日付や時刻は、時間の経過に合わせて時計のように自動的に更新されるものではありません。ただし、そのワークシートが入力操作などによって再計算された時に更新されます。
たとえば、NOW関数を入力し、数分の経過後、他のセルへ別途何か入力してみてください。時刻が入力の確定にあわせ更新されるはずです。
このことからワークシートへTODAY関数やNOW関数を入力しておく方法が良く使われています。ブックを開くたびに再計算しますので、日付や時刻の確認ができるようになります。

 

  • パソコンの内部時計について
    パソコンの時計は、通常、画面右下に表示されています。マウスを当てると日付も表示されます。TODAY、NOW関数とも、このパソコンの内部時計から日付と時刻を取得しますので、あまり
    狂っていると正確さがなくなってきます。内部時計は、大きく誤差が出るものではありませんが
    一度確認してみてください。
    誤差が大きい場合は、「マイコンピュータ」⇒「コントロールパネル」から「日付と時刻」をダブルクリックして、表示される「日付と時刻のプロパティ」で修正してください。なお、「日付と時刻のプロパティ」は、画面右下に表示されている時計をダブルクリックしても表示されます。

 

   先頭へ戻る   

 

中級・特別編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています