Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30


エクセル中級 3

中級・特別編トップへ

エクセル学習室 HOME

   中 級 3   

Excelの基礎

  関数の構造
  数式の計算演算子

 

 

関数の構造

関数の入力を、「関数ダイアログボックス」から「数式パレット」で行うと、構造を知らなくても自動的に入力されます。しかし、修正やいろいろな応用をするには、関数の構造を知っておく必要があります。

 

関数の基本構造

構 造 図



関数は、左図のように必ず等号「=」で始まります。次に関数名、左かっこ、引数、引数を区切るカンマ「,」、右かっこで構成されます。引数を複数入力するときは、必ずカンマ「,」で区切ります。

 

上図で引数は、セル参照を使っています。セル参照もコロン「:」を使い範囲を参照しています。
詳しくは、セル番地A3からA8の値、B3からB8の値、C3からC8の値の三つの引数で構成されていて、その平均値を求める構造になっています。

関数の構造は、カンマやコロンなどの演算子もすべて半角文字で入力する必要があります。全角では、関数として認識されません。

 

 

引数の種類

上記では、引数をセル参照としていますが、関数の種類によって、下記のものを引数として使うことができます。文字列と、エラー値は引数にできない関数もあります。(下記の種類すべてをここで理解する必要はありません。関数を勉強する過程で徐々に理解できるはずです。)

引数の種類

引数の種類(型)

説            明

数    値

0、34.25、120、-35など数値そのもの。すべての数値。

文 字 列

"Windows"、"説明"、"はる"など。文字列の入力は、必ずダブルクォテーション「"」でその文字列を囲みます。囲まないと文字列として認識されません。ダブルクォーテーションは必ず半角で入力します。

論理値

TRUE(真)、FALSE(偽)。

配    列

複数のデータを一つの集合データとして扱うためのもの。詳細は別項へ記載予定。

エラー値

####、#VALUE、#DIV/O!、#NAME?、#N/A、#REF!、#NUM!、#NULL!の8つのエラー値。詳細は別項へ記載予定。

セル参照

セル(A8)及びセル範囲(A3:A8)。最も良く使います。

数     式

「=75+120」などの計算式そのもの。

関     数

引数に関数を使うことができます。入れ子(ネスト)と言います。

その他 定義された名前など。セル範囲に付けられた名前など。

関数によっては、引数を必要としないものもあります。

 

ネスト関数の構造

次に引数に関数を使う入れ子(ネスト)の関数の構造についてまとめます。ネスト関数については、入力方法などをまだ解説していませんが、構造についてここに記載します。


左図は、論理関数IFの引数にAVERAGEとSUM関数を使っています。

意味は、もしセルF2からF5の平均値が50より大きければ、G2からG5を合計し、その値を返しなさい。そうでなければ0を返しなさい。となっています。

IF関数の意味やネスと関数の作成方法は、別項で解説します。

 

先頭に戻る

 

 

数式の計算演算子

数式の計算演算子

数式の計算演算子とは、計算の種類を指定する記号のことで関数を含む数式に使用します。算術演算子、比較演算子、文字列演算子、参照演算子の4つがあります。すべて半角文字で入力します。

 

算術演算子

算術演算子は、加算、除算、べき算などの基本的な計算に使用します。

算術演算子

種        類

内        容

+(プラス)

加算

5+5

-(マイナス)

減算または負の数

5-2

*(アスタリスク)

乗算

5*5

/(スラッシュ)

除算

5/2

%(パーセント記号)

パーセンテージ

20%

^(キャレット)

べき算

5^2(5*5と同じ)

 

比較演算子

比較演算子は、2つの値を比較し判定するときに使用します。

比較演算子

種        類

内        容

=(等号)

左辺と右辺が等しい

A1=B1

>(〜より大きい)

左辺が右辺より大きい

A1>B1

<(〜より小さい)

左辺が右辺よりも小さい

A1<B1

>=(〜以上)

左辺が右辺以上である

A1>=B1

<=(〜以下)

左辺が右辺以下である

A1<=B1

<>(不等号)

左辺と右辺が等しくない

A1<>B1

 

文字列演算子

文字列演算子は、複数の文字列を結合するときに使用します。

文字列演算子

種        類

内        容

&(アンパサンド)

2つ文字列を結合、または連結して1つの連続する文字列の値を作成する。

"佐々木"&"和也"は、佐々木和也となります。"佐々木"&" "&"和也"とすると、佐々木 和也になり、名字と名前の間に半角スペースを入れることができます。

 

参照演算子

参照演算子は、計算のためにセル参照を結合するときに使用します。

参照演算子

種        類

内        容

:(コロン)

セル範囲の参照演算子。2つのセル参照をコロンで結ぶことによってその範囲を1つの参照として作成する。

A3:A17

,(カンマ)

複数参照の参照演算子。複数の参照を1つの参照に結合する。

SUM(A3:A17,B3:B17)

 

 

   先頭へ戻る   

中級・特別編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています