Excel(エクセル)学習室 HOME


エクセル特別 3

中級・特別編トップへ
   

 

Excelの仕様

Excelの仕様

エクセル(Excel)は、非常に多機能なアプリケーションですが、当然限界もあります。Excelの性能とも言うべきものが、Excelのヘルプにまとめられています。これを見ると、Excelの性能を知ることが出来ます。


下記は、Excel2000のヘルプから転載した仕様です。ヘルプそのままのコピーですが、参考にしてください。
なお、Excel2007からこの仕様は全く異なります。パソコンの進歩にあわせ、能力が大幅にアップしています。

 

ワークシートとブックの仕様

項       目

最  大  数

開けるブック

使用可能メモリとシステム リソースに依存

ワークシートのサイズ

65,536 行、256 列

列の幅

255 文字

行の高さ

409 ポイント

セルの内容の長さ (文字列)

32,767 文字。セルに表示できるのは 1,024 文字まで。数式バーでは 32,767 文字すべての表示が可能。

ブックのシート

使用可能メモリに依存 (既定では 3)

ブックで使用する色

56

ブックに設定できるセル スタイル

4,000

ブックで名前が定義されているビュー

8,000

ユーザー定義の表示形式

使用可能メモリに依存

ブック内の名前

使用可能メモリに依存

ブックのウィンドウ

システム リソースに依存

1 つのウィンドウで開くことのできるウィンドウ枠

4

リンクを設定したシート

使用可能メモリに依存

シナリオ

使用可能メモリに依存
情報レポートには先頭から 251 個までのシナリオが表示可能

シナリオで変化させるセル

32

ソルバーで変化させるセル

200

ユーザー設定の関数

使用可能メモリに依存

拡大と縮小率の範囲

10 〜 400%

レポート

使用可能メモリに依存

並べ替えに使用するキー

1 回の並べ替えでは 3
連続して並べ替えたときは無制限

元に戻すことのできる回数

16

データ フォームに設定できるフィールド

32

ブックに作成できるユーザー設定ツールバー

使用可能メモリに依存

ユーザー設定のツールバー ボタン

使用可能メモリに依存

 

 

計算の仕様

項       目

最  大  数

有効桁数

15 桁

処理できる正の最大値

9.99999999999999E307

処理できる負の最小値

-9.99999999999999E307

処理できる正の最小値

1E-307

処理できる負の最大値

-1E-307

数式の長さ

1,024 文字

反復回数

32,767

ワークシートの配列

使用可能メモリに依存。また、配列では列全体を参照することはできません。たとえば、配列で列全体 C:C や範囲 C1:C65536 を参照することはできません。ただし、範囲 C1:D65535 はワークシートの最大サイズより 1 行小さく、C 列や D 列全体ではないので、参照することができます。

選択範囲

2,048

1 つの関数に指定できる引数

30

関数に設定できるネスト レベル

7

使用できるワークシート関数

329

計算で使用できる最も古い日付

1900 年 1 月 1 日 (1904 年日付システムの場合は 1904 年 1 月 1 日)

1 つのシートに作成できるピボットテーブルの最大数

使用可能メモリに依存

入力可能な最大時間

9999:99:99

 

 

ピボットテーブル レポートの仕様

項       目

最  大  数 

1 つのシートに作成できるピボットテーブル

使用可能メモリに依存

1 つのピボットテーブルに作成できるアイテム

使用可能メモリに依存

1 つのピボットテーブルに作成できる行フィールドまたは列フィールド

256 (ただし使用可能メモリに依存)

1 つのピボットテーブルに作成できるページ フィールド

256 (ただし使用可能メモリに依存)

1 つのピボットテーブルに作成できるデータ フィールド

使用可能メモリに依存

1 つのピボットテーブルに作成できる集計アイテム

使用可能メモリに依存

 

 

 

   先頭へ戻る   

中級・特別編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています。