Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

エクセル学習室 HOME


エクセル初級 18

入門・初級編トップへ

   初 級 18

                    Excelの基礎

  印刷テクニック・行/列の非表示の利用

  印刷テクニック・印刷範囲の設定
 

 

印刷テクニック・行/列の非表示の利用


エクセル(Excel)では、入門15に記載したように、印刷する必要のない部分は行や列を非表示にして印刷する事ができます。データベースのリストなどを印刷する時、利用すると大変便利です。

 

非表示による印刷

非表示の設定は、行単位、列単位で設定します。(設定の詳細は、入門15参照)

 

左図は、列を非表示にする例ですが、印刷しない列番号をクリックして選択します。



列を選択後、メニューバーの書式(O)から列(C)の表示しない(H)のコマンドをクリックします。

 

図のように選択した、D、F、Gの列が非表示になっています。

この状態で印刷すれば、非表示部分の列は印刷されません。印刷結果も非表示機能を使って印刷した事が全くわからないように印刷できます。

 


※行
を非表示にして印刷する場合も手順は全く同じです。
非表示の解除は、非表示部分をはさんで列番号を選択し、書式(O)から列(C)の再表示(H)のコマンドをクリックします。

 
PR> 採用でお祝い金GETフロムエーキャリア

先頭へ戻る

 

 

印刷テクニック・印刷範囲の設定


エクセル(Excel)ではまた、大きな表の一部の範囲を指定して印刷する事ができます。設定は、ワークシートを単位としてシート毎に行います。

 

印刷範囲の設定

 

まず、図のように印刷したい範囲を指定します。
図は、一ヶ所の範囲指定の例ですが、ワークシートの離れた部分を複数指定する事ができます入門5範囲選択の方法参照)

ただし、複数指定したものは、それぞれ別ページへ印刷されます。

 

 


範囲指定後、図のとおりファイル(F)から、印刷範囲(T)の印刷範囲の設定(S)コマンドをクリックします。
ワークシートには、設定された印刷範囲が破線で表示されます。
(解説図省略。)
設定した印刷範囲は、改ページプレビュー(初級17参照。)画面に切り替えて、範囲を変更する事ができます。

印刷範囲設定後、印刷プレビュー画面(入門12参照)に切り替えて印刷される状態を確認します。必要があれば、余白、列幅、配置などを変更します。

設定した印刷範囲を解除するには、ファイル(F)から、印刷範囲(T)の印刷範囲のクリア(C)コマンドをクリックします。(上図参照)

この印刷範囲を設定して印刷する方法と、行/列を非表示にして印刷する方法を組み合わせて利用すれば、大きなデータベースなどから必要なデータ部分だけを印刷する事ができるので、大変便利です。

 
PR> こだわり派にも大満足のバイト探し!シゴトイン・バイト

   先頭へ戻る   

入門・初級編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は禁止しています