Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

エクセル学習室 HOME


エクセル初級 17

入門・初級編トップへ

   初 級 17

                    Excelの基礎

  印刷テクニック・拡大/縮小

  印刷テクニック・改ページ機能
 

 

印刷テクニック・拡大/縮小


エクセルでの印刷は、入門12〜14で解説したように、ワープロソフトとは異なるテクニックが必要です。作成したものが通常の用紙(A4など)に収まるものであれば問題ありませんが、とかくExcelで作成するものは、大きなものになりがちです。(印刷についてはじめて勉強する場合は、入門12〜14から読んでください。)
大きな表などを印刷するには、いくつくかのテクニックが必要です。

 

拡大/縮小印刷

Excelには、拡大あるいは縮小して印刷する機能が用意されています。この拡大/縮小印刷は、「ページ設定」ダイアログボックスで行います。なお、下段の改ページプレビューで改ページ位置を変更しても拡大/縮小印刷になります。

 

ページ設定ダイアログボックス


ダイアログボックスは、メニューバーのファイル(F)からページ設定(U)をクリックすると表示できます。

ボックスのページパネル内の拡大縮小印刷の設定を行います。

ページから少しはみ出て2ページになってしまうようなのもは、縮小して1ページに収めたり、逆に小さいものは拡大して体裁よく1ページに収める事ができます。
拡大縮小印刷の上段の拡大/縮小(A)を選択して行う場合は、印刷プレビュー(W)で確認しながら必要な倍率に設定します。
横(F)を選択するとページ数で設定できます。たとえば、縦・横共に長い表の横幅を1ページに収めて印刷したい場合は、横を1に設定し縦は、Deleteキーで空白にします。すると、横幅が1ページに収まるように縮小されます。

1ページから少しはみ出るようなものは、余白の設定を変更する事で対応できる場合があります。

PR> 採用でお祝い金GETフロムエーキャリア

先頭へ戻る

 

 

印刷テクニック・改ページ機能

Excelには、ワークシート上でページの区切りや印刷範囲を操作できる機能が用意されています。

 

改ページプレビューによる改ページ位置の変更

Excelでは、ページ番号やページの区切りをワークシート上に表示させて、ページの区切り(改ページ位置)を変更する事ができます。この操作を行うには、改ページプレビューを利用します。
改ページプレビューは、メニューバーの表示(V)から改ページプレビュー(P)をクリックすると表示されます。

 


左図は、改ページプレビューの例です。(初期設定では、60%の表示倍率で表示されます)
設定されている用紙サイズ余白を反映して、改ページ位置が破線で表示されます。青い太枠は、印刷領域(範囲)を表してます。範囲以外は、灰色で表示されます。

なお、図では、省略していますが、ページ毎にページ番号が薄いグレーの文字で表示されます。
表示された改ページの位置を変更するには、マウスポインタを破線に合わせ、ポインタの形が、矢印表示(左右あるいは上下)に変わったところで、改ページしたい位置までドラッグします。


ドラッグで移動すると、左図のように変更後の改ページ位置は、太い青線で表示されます。

変更した状態で、「ページ設定」ダイアログボックスのページパネルを見ると、拡大/縮小の倍率が変化しているはずです。改ページの変更は、拡大/縮小倍率を変更することなのです。

 

 

 

改ページプレビューによる印刷範囲の変更

改ページプレビューでは、上記と同じ方法で、印刷範囲を変更する事ができます。

 

左図のように、印刷範囲の境界線へマウスポインタを合わせ、ポインタの形が、矢印表示(左右あるいは上下)に変わったところで、範囲変更したい位置までドラッグします。


変更された印刷範囲は、図のようになります。範囲以外は、グレーの背景色表示に変化します。

印刷範囲を変更するだけでは、印刷の拡大/縮小は行われません。改ページ位置の変更をしない限り拡大/縮小印刷にはなりません。

改ページプレビューから、通常のワークシート画面へ戻るには、メニューバーの表示(V)から標準(N)をクリックします。

改ページプレビューは、初期設定で60%の表示倍率で表示されますが、ズームボックスで自由に変更する事ができます。
改ページプレビューでは、データの変更や編集など、通常の画面と同じ操作ができます。
印刷の開始も、改ページプレビューから通常と同じ手順で行う事ができます。

 

 

挿入(I)からの改ページの設定

改ページの設定は、標準のワークシート上でも行う事ができます。メニューバーの挿入(I)内の改ページ(B)で行います。

 

図のように、改ページしたい位置を選択し、挿入(I)内の改ページ(B)をクリックすると破線で改ページ位置が表示されます。

 

 

 

挿入(I)から改ページを実行する場合、左図のようにセルの選択位置の上及び左側に改ページ位置が設定されます。

挿入(I)から改ページを実行した場合の解除は、改ページが設定された行か列のセルを選択し、挿入(I)内の改ページの解除(B)をクリックします。改ページの解除(B)は、設定時の改ページ(B)が変化したコマンドです。

 
PR> 採用でお祝い金GETフロムエーキャリア

   先頭へ戻る   

入門・初級編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています