Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

Excel(エクセル)学習室 HOME


エクセル 書式設定 2

ワンポイント編Tトップへ

   書式設定 No 2  

                    One Point

   Q6:シートの背景に画像を挿入したい
   Q7:列幅、行高さを素早く設定するには
   Q8:セルのデータを見えなくしたい
   Q9:シート全体のセル幅を一発で変更したい
   Q10:1行おきにセルの色を変えるには
 

 

 

Q6
シートの背景に画像を挿入したい

A6
シートやセルには、書式設定で背景色やパターンを設定できますが、さらにWebページ(ホームページ)のように背景画像を表示させることもできます。  
ツールバーの書式(O) ⇒ シート(H) ⇒ 背景(B)をクリックします。するとマイピクチャーなどにあなたが保存してある画像リストがボックスで表示されます。必要な画像を選択し、挿入をクリックすると下図のように、シート全体へその画像が背景として設定されます。


このシートは、通常のシートと全く同じ操作ができます。

ただし、このシートを印刷してもExcelでは、背景画像は印刷できません。
(Excel以外で印刷可能。印刷Q8参照)

先頭へ戻る


Q7
列幅、行高さを素早く設定するには

A7
ご存知のように列幅、行高さとも手っ取り早くデータに合わせるには、列番号、行番号の境目をマウスでダブルクリックします。
実はこの技は、表全体の列幅、行高さを一発で整えるのに利用できます。


まず、左図のように全セルボタン列番号、行番号の交点)をクリックして、シート全体を範囲選択します。

次に表内のどこか1個所の列番号、または行番号の境目をダブルクリックします。これで、一発で表全体の列幅やまたは行高さをデータに合わせた大きさに設定できます。

先頭へ戻る


Q8
セルのデータを見えなくしたい

A8
セルのデータを見えなくするには幾つかの方法が考えられます。
一つ目は、ご存知のとおり列や行を非表示にする方法です。
二つ目は、セルの背景と同じフォント色にする方法。これは、通常セルの背景は白なので、フォント色を白にすれば見えなくなるというもの。


三つ目は、左図のように表示形式で設定するもので、ユーザー定義の表示形式で作ります。
ユーザー定義の表示形式で図の真中の例のように「;;」とすると、数値のみを非表示にすることができます。図の右側のように「;;;」とすれば、データすべてを非表示にすることができます。
ユーザー定義の表示形式については「特別3」以降のページを参考にして下さい。

非表示にするには、その他に図形描画で図形をかぶせるなどの方法も考えられます。
状況にあった使い方を選択しましょう。
なお、二つ目、三つ目の方法は、セルでは非表示になりますが、数式バーにはちゃんと表示されます。これも見えなくするには、シートの保護をかける必要がます。方法は「基本設定・操作のQ8」を参考にして下さい。他に数式バー自体を非表示にする方法もあります。

先頭へ戻る


Q9
シート全体のセル幅を一発で変更したい

A9
セルの幅(標準で8.38ポイント)は、列番号の境をドラッグすることで自由に変えることができますが、シート全体のセル幅を一発で変更するにはどうすればいいでしょうか。二つの方法があります。
一つは、入門5で解説したとおり、全セル選択ボタンをでシート全体を選択後、任意の列番号の境を必要な範囲までドラッグします。これで、シート全体のセル幅を変えることができます。(参照、入門5
もう一つは、下図のように、書式(O)から列(C)の標準の幅(S)をクリックして表示される「標準の幅ダイアログボックスで設定する方法です。

入力枠へポイント値を直接打ち込んでください。シート全体のセル幅を一発で変えることができます。

列幅のポイント値とは、標準設定のフォントサイズで0〜9の数値の平均サイズが表示できる数を表しています。つまり8.38ポイントとは約8個の数字が入力できるということですが、詳細は入門5を参照してください。

先頭へ戻る


Q10
1行おきにセルの色を変えるには

A10
よく知られた技ですが紹介しておきます。
1行おきに色の付いた表を見たことがあるかと思います。行おきに色分けされていると見やすいものですね。これを作るには、1行おきに色付けをしてもいいのですが、面倒です。また、行を挿入したりすると順番が変わってしまいます。


そこで、条件付書式を利用します。
条件付書式を使えば、行の挿入にも耐えることができます。(条件付書式は、初級4参照

左図の見出しは、書式で色付けしたものですが、他は条件付書式で色付けした例です。

 

 

この例のように、行番号が偶数の行に色をつけるには、表範囲を選択しておいて(A3:D11)、条件付書式から、「数式が」を選び =MOD(ROW(),2)=0
とし、書式で好みの背景色(または網掛け)を選択します。(下図参照)

(画像:WinXP&Excel2003)

これで、OKボタンを押せば、選択範囲の偶数行の背景に色が付きます。
ここで使っているROW 関数は、ワークシートの行番号を返す関数です。MOD 関数は、割り算の余りを求める関数です。この式は、ROW 関数で行番号を求め、それをMOD関数内で 2 で割り、余りが 0かどうかを判定しています。 0 なら行番号は偶数ということになり、指定した書式が適用され、色が付きます。
なお、奇数行に色をつけるには、数式を「=MOD(ROW(),2)=1」とします。

PR> ポイントが無料で貯まる!マイポイント

   先頭へ戻る   

One Point編トップへ


KENZO30  内容の無断転載は、禁止しています