Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

Excel(エクセル)学習室 HOME


エクセル 数式・計算 1

One Point編トップへ

   数式・計算 No 1  

                    One Point

   Q1:ワークシートで、√(ルート)計算をするには
   Q2:=を入力しないで計算するには
   Q3:関数と通常の計算式
   Q4:文字列の結合について
   Q5:時間と10進数について    

 

 

Q1
ワークシートで、√(ルート)計算をするには

A1
ワークシートへルート記号を入力するには、キーボードで「ルート」と打てば入力できます。しかし、エクセル上では単に記号であって計算してくれません。
エクセルでのルート計算は、関数SQRT)を使う方法と、以下の関数を使わない方法があります。

ワークシート上で平方根を表すには、「^(1/2)」を使います。^(キャレット)は、べき乗を計算する演算子で、これに(1/2)をつけます。
4の平方根=4^(1/2)=2となります。
数式バーに =数字^(1/2) と入力(すべて半角で)して確かめてください。

 

先頭へ戻る


Q2
=を入力しないで計算するには

A2
Excelでは通常、簡単な計算から関数まで、数式の頭には必ず「=」を入力します。ところが、場合によっては、「=」を付けなくても入力可能です。


左図のようにセルへそのまま「+100-20」と言うように、先頭に「+」か「-」をるつけて計算式を入力すればいいのです。

Enterキーを押すと計算されます。(数式バーには「=」が自動的に入力されます。)
関数の場合は、先頭への入力はできませんが、「+100SUM(H1:H4)」のように途中からであれば入力可能です。(結果は=100+SUM(H1:H4)と入力される)

これ、何か便利なのと言われれば?です。(^^ゞ

先頭へ戻る


Q3
関数と通常の計算式

A3
ちょっとあたりまえのことですが、関数と通常の計算式は組み合わせることができます。
たとえば、「=SUM(A1:A12)/5*2」 などのように関数で求めたものを割ったり、掛けたりして、一つの式にできます。また、上記の例のように「=100+SUM(H1:H4)」とすることもできます。(あたりまえ)
さらに、=IF(A1>=1,A5+100,A10-10) のように引数の中に通常の計算式を入れることができます。
(これもあたりまえ)

実際にどういう使い道があるかと聞かれるとちょっと?ですが、引数を調整したりして、関数の応用範囲が広がることがありますので、頭に入れておきましょう。

先頭へ戻る


Q4
文字列の結合について

A4
Excelでは、文字列でもセル参照で式を作って結合させることができます。

左図のように、A2へ東京都、B2へ国分寺市と入力されているような場合、これをC2へ結合させるには
「=A1&B1」とします。

数式と同じ取り扱いですから必ず「=」が必要です。そして結合には「&(アンパサンド)」を使います。
また、東京都と国分寺市の間にスペースを設ける場合は、「=A1&" "&B1」とし、「"」と「"」の間隔を任意のところまで空けます。
なお、同じ式で数字を対象にすると、そのまま連結した数字となります。加算はされません。数字の連結にも使えます。(数式・計算No3 Q8 参照)

先頭へ戻る


Q5
時間と10進数について

A5
Excelで日付や時刻は、シリアル値という連続数値で計算されるようになっています。(中級_仮番1参照
一日は24時間で計算されますから、時刻10:30は、24倍して表示形式を標準にすれば10進数表示になります。すなわち10:30*24=10.5(表示形式:標準)です。(下図参照)

時間を10進数に変換してどうするのかというと、勤務時間から賃金を求めるような場合にこうした変換をすることがあります。たとえば、勤務時間10時間20分、時給800円として、10:20*800では、賃金は求まりません。10:20を10進数に変換する必要があります。「*24」で10進数に変換し、時給をかけます。

 

左図のように、10:20*24*800として表示形式を標準にすれば正しい賃金、8266.66…円が求まるはずです。

時間と10進数の取扱いは、ついうっかり間違いやすい点です。基本をしっかり覚えておきましょう。

 

PR> ポイントが無料で貯まる!マイポイント

   先頭へ戻る   

One Point編トップへ


KENZO30  内容の無断転載は、禁止しています