Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

Excel(エクセル)学習室 HOME


エクセル 入力操作 4

ワンポイント編Tトップへ

   入力操作 No 4 

エクセル ワンポイント編T 

   Q16:同じシートの複数セルへ同時に入力するには
   Q17:長い文章をシート内へ入れたい
   Q18:「リストからの選択」とは
   Q19:0(ゼロ)付き数字を入力するには
   Q20:複数セルへ数式を同時に入力するには

 

 

Q16
同じシートの複数セルへ同時に入力するには

A16
複数セルへ同時に入力することはあまりないかも知れませんが、同時入力を覚えておくと便利です。
まず、入力したいセルを選択します。セル範囲は、ドラッグで選択し、離れたセルは、Ctrlキーを押しなが
ら選択すると複数のセルを選択状態にできます。

 

次にデータを入力し、Ctrlキーを押しながらEnterキーを押します。変換を伴うデータは変換候補を選択後この操作を行います。

 

先頭へ戻る


Q17
長い文章をシート内へ入れたい

A17
セルを結合して、文章入れるのも一つの方法ですが、図形描画機能の中のテキストボックスを使うことをお勧めします。操作に慣れればこの方が便利です。
「表示」→「ツールバー」→「図形描画」で、図形描画のツールバーを表示させます。


マウスをツールバーのメニューに当てるとそれぞれ意味が表示されますから、その中からテキストボックスをクリックして選択します。(縦書きもあり)

マウスをシート内の適当なところでドラッグします。これで自在にテキストボックスを作ることができます。ボックスは移動、大きさの変更も自由にできます。あとは、ボックス内に文章を入力するだけです。
(書式設定も自由にできます。)詳細はヘルプで…。

先頭へ戻る


Q18
「リストからの選択」とは

A18
リスト形式のデータ入力には、いろいろ便利な機能があります。入力規則を設定することもその一つですが、更に、入力中に右クリックすると表示される「リストからの選択」も同じデータを入力するのに便利な
機能です。


データ入力時に右クリックするとメニュー内に「リストからの選択」があるはずです。これをクリックするとすでに入力されたデータが一覧表示され、クリックで選択すればそのまま入力できるのです。

すでに入力されたデータでなければ表示されませんが、おなじデータを入力しなければならないような場合はかなり便利な機能です。特にキーボード入力が苦手な方は、お試しください。

先頭へ戻る


Q19
0(ゼロ)付き数字を入力するには

A19
通常セルへ数値として「0123」と入力しても「123」になってしまいます。
これを回避するにはいくつかの方法があります。
まず、文字列として入力する 方法です。あらかじめセルの書式設定で文字列として設定しておきます。また、 入力時に先頭へ(シングルクォテーション)を入れて入力しても同じ結果が得 られます。
この他に、ユーザー定義の書式設定を利用する方法があります。セルの書式設定ダイアログボックスの表示形式からユーザー定義を選び、「0000」と入力し 表示形式を作ります。こうすれば「123」と入力するだけで自動的に「0123」 と表示されます。「00123」のように5桁表示する場合は「00000」とします。
(ユーザー定義の書式設定は、特別編3〜5参照)

先頭へ戻る


Q20
複数セルへ数式を同時に入力するには

A20
数式であっても、入力操作No4-Q16で解説した方法で入力できます。
まず、入力したいセルを選択します。(セル範囲、離れたセルを複数など)次に、数式を入力し、Ctrl+Enterで確定します。数式とは当然、関数を含みます。
セル参照で入力した個所は、そのままでは相対参照となり、セル番地が自動的に変化します。絶対参照や複合参照にしたい場合は、入力時にF4キーで必要な参照形式にしておけば実行されます。
数式は、よく一つのセルに入力しておいて、コピー操作で他へ貼り付けますが、操作に慣れればこの方法も大変便利です。練習してみてください。

 

PR> ポイントが無料で貯まる!マイポイント

   先頭へ戻る   

One Point編トップへ


KENZO30  内容の無断転載は、禁止しています