Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

エクセル学習室 HOME


エクセル入門 11

入門・初級編トップへ

中級・特別編トップへ

   入 門 11   

                    Excelの基礎

  セルの書式設定・ダイアログボックス(3)
  セルの書式設定・セルの結合

 

セルの書式設定・ダイアログボックス(3)

フォント

下図のフォントのタブを見てください。
フォントの設定は、ツールバーで設定できる内容とあまり変わりません。
ただ、下線の種類や文字飾りの選択ができます。また、設定したフォントの書式をプレビュー画面で確認できます。
文字飾りの取消し線(K)にチェックマークをつけるとデータの上に線(取消し線)が引かれます。

 

 



上付き(E)下付き(B)は、文字を縮小して文字範囲の上や下に配置するものです。

 

 

罫   線


罫線の設定は、ツールバーの罫線パレットで大まかな事は出来ますが、詳細な設定はダイアログボックスで行います。

ダイアログボックスでは、罫線の線種の選択、また、セルに斜線を引く事もできます。
中央のプレビュー部分で確認しながら設定します。

 

いろいろな罫線を引いて練習しましょう。

 

 

パターン


パターンとは、セルの背景の色背景の模様のことですが、背景の色のみは、ツールバーの<塗りつぶしの色>ボタンで入力できます。
解除するには、「色なし」をクリックします。
背景に模様
をつけるには、パターン(P)の▼矢印をクリックして表示される一覧表で選択します。(下図参照)

 

 


模様
は、左図の上部で選択します。模様の色は、下部のカラーパレットから選択します。
マウスポインタを当てるとそれぞれの模様、色の説明が表示されます。

模様を解除するには、上図の「色なし」を選択します。
色を解除
するには、「自動」を選択します。基本色の灰色になります。

 

ダイアログボックスには、この他に「保護」タブがありますが、他で解説します。
書式設定は、実際にExcel上でいろいろ操作して覚えましょう。書式設定は、必ず使う重要な操作です。

 

 

書式設定の例


この図は、これまで記述した書式設定を使い入力した例です。

表示形式では、目標との差の負の値を(-)記号で赤色で表示しています。(赤色はフォントの色設定でもできますが、これは表示形式で行っています)

 

配置としては、数字は標準のままで左詰、他の文字は、セルの横、縦共に中央揃えとしています。フォントは、アベレージの欄を太字としています。他は、標準のままです。
罫線
では、外枠を太目の実線、中は普通の実線、計の上線は、赤色で二重線としています。
パターン
としては、名前欄、スコア欄などに異なる背景の色を設定し、アベレージ欄は、背景に模様をつけています。
なお、表のタイトルは、セルを結合し、背景色をつけて中央揃えとしています。セルの結合については、下記を参照。

PR> ポイントが無料で貯まる!マイポイント;

先頭へ戻る

 

 

セルの書式設定・セルの結合


表のタイトルや複雑な表を作成する場合、セルを結合した方がより見易くなる場合があります。エクセルでは、行方向、列方向共に、セルの結合が出来ます。

ただし、別項で述べる結合部分のデータの移動やコピーに支障が出る場合があるので、必要最小限に留めるほうが良いかと思います。出来るだけセルの大きさを調整して使った方が良いと思います。

 

セルの結合


結合するには、結合させたいセル範囲を指定し、ツールバーの<セルを結合して中央揃え>ボタンをクリックします。


結合すると文字列は、自動的に中央揃えになります。

セル番地は、行方向では左端、列方向では上端のセル番地が適用されます。

結合したセルを解除するには、結合セルを選択し、セルの書式設定ダイアログボックスの表示形式パネル内の「文字の制御」の下端にある<セルを結合する(M)>のチェックをはずします。
結合したセルは、上記のチェックが自動的につきます。

PR> 採用でお祝い金GETフロムエーキャリア

   先頭へ戻る   

入門・初級編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています