Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

エクセル学習室 HOME


エクセル入門 10

入門・初級編トップへ

中級・特別編トップへ

   入 門 10   

                    Excelの基礎

  セルの書式設定・ダイアログボックス(1)
  セルの書式設定・ダイアログボックス(2)

 

セルの書式設定・ダイアログボックス(1)


セルの書式設定は、書式設定ツールバーで大体のことは出来ますが、「セルの書式設定」ダイアログボックスからは、表示形式、配置、フォントなどの詳細な設定をまとめて行うことが出来ます。
ボックスを表示させるには、セル及びセル範囲を指定後に右クリックによるショートカットメニュー内のセルの書式設定及び、メニューバーの書式(0)からセル(E)をクリックして行います。

 

表示形式


表示形式の設定は、ボックスの「表示形式」パネルで行います。左図のように分類(C)で選択し、種類(T)などで詳細な形式を選択します。

分類の標準は、何も表示形式を設定しない時や設定を解除する時に使用します。


「ユーザー定義」の書式は、ユーザーが独自に書式を設定できる大変便利な機能です。特別編3以降を参照してください。

 

下記へ「数値」、「通貨」、「その他」の例を解説します。

数  値


数値
の詳細設定は、図のように小数点以下の桁数、桁区切りカンマ、負の数字の場合の表示形式について選択できます。
負の数字の表示形式
は、赤色フォント、(かっこ)など、数種類の形式が用意されています。
設定すると、セルへ負の数字を入力した時、その表示形式で表示されます。

 

通  貨


通貨
の表示形式の設定は、数値の設定と似ています。
頭につける通貨記号は、図のように各国の記号を選択できます。
通貨の表示形式を設定すると桁区切りのカンマは、自動的に設定されます。

※会計の表示形式は、通貨と同じく通貨記号が設定できますが、セル内での数値の配置位置が異なりますので、同じ表内に混同して設定しないよう注意が必要です。

 

その他

その他では、図のように3つの種類の設定ができます。


郵便番号を設定すると、番号だけを入力すれば、番号をつなぐ()の記号が自動的に入力されます。
電話番号でも、番号だけを入力すれば、番号をつなぐ()の記号が自動的に入力されますが、局番号から入力すると頭の2字が(03)のようになります。

正負記号では、正の数字が(△)で、負の数字が(▲)で表示されます。

 

PR> 介護や福祉の仕事はここで見つかる!

先頭へ戻る

 

 

セルの書式設定・ダイアログボックス(2)

配   置


セル内のデータは、自由に配置することが出来ます。
図のとおり、「配置」パネルを表示させると、セル内の文字の配置方向文字の制御が出来ます。

文字の配置は、横位置、縦位置とも▼矢印をクリックして表示される一覧から選択します。「前後にスペースを入れる」の選択は横位置の均等割付を選択した場合のみ設定できます。
インデントの設定は、文字数です。

 

方向では、「縦文字」、「文字に角度をつける」設定ができます。縦文字は、上図で示している部分をクリックし、反転表示させれば設定できます。角度は、度数設定又は表示窓をクリックして行う事ができます。
文字の制御
は、「折り返して全体を表示する」、「縮小して全体を表示する」、「セルを結合する」の3種類の設定ができます。それぞれクリックで、チェックマークを入れることで設定できます。解除するには、チェックマークをはずします。

 

 

文字の制御の詳細は、下記のとおり。

折り返して全体を表示する

設定すると、左図のように文字列をセル内で折り返し表示できます。
セルの高さが不足すると、全体が表示できないので調整します。

 

縮小して全体を表示する


縮小表示は、セル内へ全体が収まるように文字の大きさを自動的に縮小します。

 

セルを結合する

図のようにセルが結合され、セルの左右の中央へ配置されます。
結合は、ツールバーから自在に設定できますので、むしろダイアログボックスでは、結合を解除する時に利用します。
解除は、範囲を選択後、クリックでチェックマークをはずします。

セルの結合の詳細は、入門11参照。

PR> <ポイントが無料で貯まる!マイポイント

   先頭へ戻る   

入門・初級編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています