Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

エクセル学習室 HOME


エクセル入門 9

入門・初級編トップへ

中級・特別編トップへ

   入 門 9   

                    Excelの基礎

  セルの書式設定・ツールバー(1)
  セルの書式設定・ツールバー(2)

 

セルの書式設定・ツールバー(1)

Excelの書式を設定するには、書式設定ツールバー入門2参照)又は、「セルの書式設定」ダイアログボックス(入門10参照)で行います。
ダイアログボックスでは、詳細な設定ができますが、ツールバーでも基本的な設定ができるので大変便利です。
どちらで設定するにしても、書式設定の単位は、セルなので、まず、書式を設定したいセル及びセル範囲を選択します。選択後、ツールバー又はダイアログボックスで設定します。

ただし、文字列の場合は、フォントの字体、サイズ、色等を一字ずつ設定する事が可能です。(文字列にカーソルを入れ、対象の文字をドラッグで反転表示させて行います)
ここでは、書式設定ツールバーによる書式設定について解説します。

 

ツールバーの概要

ツールバーのボタンは、標準で上図のように配置(Excel2000を97のように移動した場合)されています。

 

 

表示形式

ツールバーで設定できる表示形式は、下記の5つです。


通貨」ボタンをクリックすると数値の先頭に円記号(\)が付き、3桁区切りのカンマが表示されます。

パーセント」ボタンは、数値が100倍され、百分率記号(%)が表示されます。
桁区切り」ボタンは、3桁区切りでカンマ(,)が表示されます。
小数点表示桁上げ」ボタンは、クリックする度に表示される小数点以下の桁数が1桁ずつ増えます。
小数点表示桁下げ」ボタンは、クリックする度に表示される小数点以下の桁数が1桁ずつ減ります。

表示形式は、一度設定すると「Delete」ボタンでセルのデータを消しても、その書式は残ったままです。
 (入門4参照)
上記以外の表示形式の設定は、セルの書式設定」ダイアログボックスで行います。

 

 

配   置

ツールバーでは、下図のとおり、セルの左右の配置が設定できます。上下の配置は、ダイアログボックスで行います。


左揃え、中央揃え、右揃え」ボタンをクリックすると、それぞれセル内の左右の配置を設定できます。

セルを結合し中央揃え」ボタンは、選択範囲のセルを結合し、データを左右の中央揃えに設定できます。
インデント」ボタンは、右側へ字下げする機能で、クリックする度に標準フォントの約1字分ずつ右側へスペースを空けることができます。
インデント解除」ボタンは、クリックする度に1字分ずつインデントが解除されます。

セルの結合の詳細は、「入門11」参照。なお、標準ツールバーの場合、セルの結合を解除するには、「セルの書式設定」ダイアログボックスから行います。
左揃え、中央揃え、右揃え」を解除するには、再度ボタン(設定時に凹型に変化)をクリックします。

 

 

フォントの設定

フォントの設定は、前述のとおり一字ずつ設定可能です。Excelを起動して開いた時のフォントは、標準で「MSPゴシック」、「11ポイント」で設定されています。


太字」ボタンをクリックすると太字(ボールド)になります。
斜体」ボタンは、斜体(イタリック)表示になります。

下線」ボタンは、下線(アンダーライン)を設定できます。

フォントの「字体」、「サイズ」、「」を変更するには、下図のように、それぞれのボックス等の横に付いている▼矢印をクリックして、表示される一覧表から選択します。

〔字体の変更〕

〔サイズの変更〕

〔色の変更〕

 

太字、斜体、下線」を解除するには、再度ボタン(設定時に凹型に変化)をクリックします。
フォント色を解除するには、範囲指定後パレット上段の「自動」をクリックします。なお、「フォントの色」ボタンは、選択した色が常にボタンの色に反映され、ボタンを直接クリックするとその色がフォントの色になります。
Excel2000の標準設定では、フォントの一覧表へ表示されるフォント名をその字体で表示します。
起動時に、表示される基本設定の変更は、ツール(T)、オプション(O)をクリックして、「オプション」ダイアログボックスの全般タブで行います。

PR> ポイントが無料で貯まる!マイポイント

先頭へ戻る

 

 

セルの書式設定・ツールバー(2)

罫   線

ツールバーで描く罫線は、下図の12種類のパターンです。


左図のように、「罫線」ボタン横の▼矢印をクリックすると罫線パレットが表示されます。
罫線の種類は、「田の字」の何処が実線かで表されています。マウスポインタを当てると、その罫線の説明が表示されます。
選択すると範囲指定しているセルに、その罫線が描かれます。罫線はセルの枠線上に描かれます。

 

選択した罫線は、常に罫線ボタンに反映されます。ボタンを直接クリックすると、そのボタンの罫線が描けます。

罫線を解除するには、範囲を指定し、パレット先頭の「枠なし」を選択します。

罫線の詳細な設定は、やはりダイアログボックスで行います。

 

 

 

背 景 色


セルに背景色をつけるには、左図のように「塗りつぶしの色」ボタンの▼矢印をクリックして、表示されるカラーパレットから選択します。

選択した色は、常にボタンの色に反映されます。ボタンを直接クリックするとそのボタンの色が背景色になります。

 

塗りつぶしの色」ボタンでは、セルの背景色の設定だけですが、ダイアログボックスでは、セルの背景に模様をつけることができます。

 

PR> 介護や福祉の仕事はここで見つかる!

   先頭へ戻る   

入門・初級編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています