Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

エクセル学習室 HOME


エクセル入門 8

入門・初級編トップへ

中級・特別編トップへ

   入 門 8   

                    Excelの基礎

  セル、行、列の挿入
  シートの追加と削除

 

セル、行、列の挿入


削除については、「入門4」で解説しましたが、エクセルでは、削除とは逆にセル、行、列を挿入することができます。

よく使う基本操作ですので、マスターして使いこなしましょう。

 

挿入(I)メニュー


セルまたはセル範囲を選択後、メニューバーの挿入(I)をクリックすると、左図のようなメニューが表示されます。

セル(E)を選択すると、下図のように「セルの挿入」ダイアログボックスが表示されます。
また、右クリックのショートカットメニューの挿入(I)をクリックしても「セルの挿入」ダイアログボックスが表示されます。

 

 

セルの挿入ダイアログボックス


必要なコマンドを選択し、OKボタンをクリックします。
右方向にシフト(I)
を選択すると、新しいセルが挿入され、元のセルは全体に右側へ動きます。
下方向にシフト(D)
は、下図を参照。

行全体(R)列全体(C)を選択すると、そのセルの個所へ行全体または列全体が挿入されます。複数のセルを選択して、このコマンドを実行すると、その数の行、列が挿入されます。

 

 

下方向にシフト(D)の例

 

図のように、選択したセルのところに新しいセルが挿入され、元のデータは全体に下方向へシフトする。

 


メニューバーの挿入メニューの、行(R)列(C)を選択すると、セルの挿入ダイアログボックスの行全体 (R)、列(C)全体を選択し実行するのと同じく、行や列がその位置に挿入されます。

 

PR> 介護や福祉の仕事はここで見つかる!

先頭へ戻る

 

 

シートの追加と削除


エクセルでは、標準で3枚のワークシートが用意されています。
このシートは、自由に追加したり削除することができます。

 

シートを追加するには、メニューバーの挿入(I)メニュー(上段の挿入メニューの図参照)のワークシート(W)コマンドをクリックします。

 

追加されたシート


新しいワークシートは、現在表示しているシートの前に追加されます。

 

 

 

シートの削除メッセージ

必要のないシートを削除するには、メニューバーの編集(E)メニューのシートの削除(L)コマンドを選択します。(入門4のクリアと削除の図を参照)下図のメッセージが表示されます。


シートは削除すると、二度と元に戻すことが出来ないので、このような警告メッセージが表示されます。

OKをクリックすれば削除できます。

 

標準設定のシート枚数を変更するには、メニューバーのツール(T)からオプション(O)を選択し、オプションダイアログボックスを表示させます。この中の全般パネル内の新しいブックのシート数(S)でシート枚数の指定が出来ます。
シート名は、自由に変更できます。シート見出しをダブルクリックして、シート名を選択し、新しい名前を入力します。

PR> ポイントが無料で貯まる!マイポイント

   先頭へ戻る   

入門・初級編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています