Excel (エクセル) 学習室 / KENZO30

エクセル学習室 HOME  


エクセル入門 7

入門・初級編トップへ

中級・特別編トップへ

   入 門 7   

                    Excelの基礎

  計算と数式
  オートSUM

 

計算と数式


エクセル(Excel)は、表計算ソフトといわれるように、その中心は計算機能です。ここでは、エクセルの計算・数式について基本を理解しましょう。

セル参照等の基本を覚えれば、すぐに実務でも使えますので、しっかり覚えましょう。

 

数式(計算式)の入力

エクセル(Excel)で、計算・数式を扱うには、以下のような決まり事があります。

(1)数式(計算式)の入力は、数式バーで行います。
(2)数式は、必ず「=」(等号、イコール)から始め、「 =100+200+300」のように表記します。
(3)通常エクセルでは、数式は数式バーに表示され、その答えがセルに表示されます。
  (ただし、別途セルに数式を表示する方法もあります)
(4)数式内の計算順序は、一般の計算と同じく、左から順じ計算され、乗算(掛算)と除算(割算)は、加算
  (足算)と減算(引算)に優先されます。なお、優先させる演算は( )で括ります。

計算の順序には、その他の演算子( 計算方法を表す記号)にも優先順位がありますが、ここでは解説を省略します。

数式へデータを入力するには、数値を直接入力する方法とセル参照で入力する二つの方法があります。

 

数式の直接入力

数式の直接入力とは、下図のようにセルの値を式に直接入力する方法です。

数式バーの「=」ボタンをクリックすると、自動的にバーの入力枠へ「=」が入るので、あとはキーボードから順じ数値と「+」を入力します。

数式が完成し、Enterキーなどで確定すればセルに答えが求められます。

 

セル参照による入力

セル参照による入力とは、下図のように式にセルの番地を入力する方法です。


入力は、上記と同じく、すべてキーボードから行う方法とセルを選択しながら行う方法があります。

セル参照による入力の大きな利点は、セルのデータを変更すると、自動的に再計算され、新しい答えが求められることにあります。
数値を直接入力した式では、データを変えるたびに式の書き換えが必要ですが、セル参照では式を変更する必要がありません。利便性が高くなります。

 

算術演算子

数式は、データと計算方法をあらわす記号、すなわち計算演算子で構成されます。計算演算子のうち基本的な計算に使うものを算術演算子といいます。一般的によく知られているものですから、ここでこの算術演算子を覚えましょう。(計算演算子については、中級3を参照)

算術演算子は、加算(足し算)「+」、減算(引き算)「-」、乗算(掛け算)「*」、除算(割り算)「/」、べき乗「^」、パーセンテージ「%」 です。
演算子は、「=」を含めて必ず半角で入力します。全角では、演算子として認識されません。

 

 

関数の利用

エクセル(Excel)で計算式を作るには、上記のように数値の直接入力セル参照によって構成します。これに算術演算子を組み合わせれば、それなりの計算をすることができます。しかし、それだけでは、決して便利とはいえません。下手をすると電卓を叩いた方が早いということになります。
実はエクセルには、計算をするのに大きな武器が用意されているのです。それが関数(かんすう)というものです。関数とは、目的の計算をより簡単にできるようあらかじめエクセルに用意されている数式(仕掛け)のことです。これを使えばより複雑な計算でも易々とできるようになります。
(関数の詳細は、中級編を参照)

下図は、上記の計算をSUM 関数で求めた例です。SUM 関数は、数値の合計を求めるための関数です。関数の中で最も基本的な関数です。関数の式は、図のように( )内のデータを処理の対象とします。


ここでは、B2からD2間のデータを合計しなさいという意味になっています。
(セル参照で入力されています)

通常、関数の入力は、専用のダイアログボックスで行いますが、このSUM 関数は、「オートSUM」として、ツールバーにボタン化されています。下段でこの使い方を解説します。オートSUM 機能によって、関数の便利さを実感してください。

通常、関数の式は、セル参照で入力しますが、数値を直接入力する場合もあります。ここで一度に理解しようとせず、徐々に覚えてください。

PR> 採用でお祝い金GETフロムエーキャリア

先頭へ戻る

 

 

オートSUM

関数の中でもSUM 関数は、ツールバーに「オートSUM」ボタン「」として用意されています。


通常関数入力は、オートSUM ボタンの横にある関数貼り付けボタンfx」からはじめますが、SUM 関数は使用頻度が高いことから、別途ボタン化され、操作方法も便利なものになっています。

オートSUM ボタンを使った合計値の求め方は、関数貼り付けボタンから使うSUM 関数とは操作方法が異なります。

Excel2002以降では、オートSUM ボタンの機能が強化され、平均や個数などを求める関数も使えるようになっています。

 

 

列の合計

列の合計を求めるには以下のように操作します。

 

図のようにドラッグ後、ツールバーのオートSUM ボタンをクリックすると、合計が求められます。

上図は、列方向の合計ですが、行方向に合計する場合も、全く同じ操作で合計を求めることができます。

 

 

複数の列の合計

 

一度に複数の列の合計を求めるには、合計範囲を選択後、オートSUM ボタンをクリックします。
不思議なことに一度に合計値を求めることができます。

 

図は、列の合計ですが、行の合計も全く同じ操作で求めることができます。

 

 

列と行の合計を同時に求める


図のように、列と行のそれぞれの合計も同時に求めることが出来ます。

ドラッグで、計の範囲まで選択し、オートSUM ボタンをクリックします。そうするとこのような表の場合、列と行の合計を一度に求めることができます。

オートSUM ボタンによる操作は、通常の関数操作より便利になっていますが、関数を使う利点を理解できるかと思います。明らかに電卓を叩くより早く計算することができます。

SUM 関数では、範囲指定内に文字列空白セルなどがあっても、数値データだけを合計します。

 

PR> <介護や福祉の仕事はここで見つかる!

   先頭へ戻る   

入門・初級編トップへ

Excel(エクセル)学習室 HOME


KENZO30 内容の無断転載は、禁止しています